リノベーションの工事費用・価格は見積もりでチェック

まず、全国550社以上ある中から最大5社まで一括で無料見積りをして頂けるという点に心惹かれました。その点だけでリショップナビを決定した訳ではありません。

千葉リフォーム見積もり

リフォームする上で、キッチン、洗面所、お風呂、玄関とどんな要望でも応えてくれるというリショップナビのポテンシャルも好評価でしたし、お客様の声という事例があって相談をしたいと決定付けられました。

また、あんしん保健完備、ご成約キャンペーン、優良リフォーム会社の紹介などリショップナビならではのサービスも安心できました。

他の見積もりをサイトを見ていると、「本当にここに見積りをだして大丈夫かな?」という不安に駆られますがそういった不安を感じさせない安心感が総じてリショップナビにはありましたので見積もりをお願いしました。

 

体験談:リノベーションは「家族のこだわり」を実現するのに最良の方法

私は2年ほどかけて新しい住居として、中古のマンションを探し続けていました。仕事の都合上沢山の家を見てきたので、自分が実際に住むならどんな家がいいだろうかということを考えながら選びました。

住居の手に入れる方法は大体「新築」「中古」「賃貸」で分類できます。すべてのジャンルから検討しましたが立地を考え、中古のマンションを探すことに決定しました。後から知ったことですが、マンションを前提に新居を探している人は立地を重視することが多いようです。

例えば駅からの距離や病院などの公共機関との距離、また仕事場への移動が楽かどうかなどを検討する方がマンションを検討している方に多いといえるでしょう。将来的なことはよくわかりませんが、30年のローンを組んだとして、30年後に売却を考えてマンションを選ぶという方も多く、私もその理由からマンションを検討していきました。

私は立地的に有利な場所を前提に探していたのですがなかなか見つからず、人気の高いエリアほどすぐに売れてしまい、なかなかチャンスがなかったのです。

最初は〇〇町という風に、指定した自治体の中で新居を探していたのですが、なかなか見つからないため、少しポイント広げて探していくことにしました。

次に私が注目したのが「新築マンション」です。東京で物件を探していたのですが、たまたまトップクラスの販売会社からの物件に出会い、早速訪問。

しかし、実際にモデルルームに案内され、色々と説明を聞いていたのですが、たしかに綺麗ですし、安心感もあり、素晴らしいの一言なのですが、何かが違うな・・・という感覚が拭えませんでした。それの感覚はズバリ「ワクワクしない」ということでした。

もっとはっきりと言ってしまうと、自分がしたい生活とは違った、ということです。

リノベーション+中古物件という選択肢が最良?

その後、いくつかの物件を見てもサッパリとはせず、やはり自分の生活スタイルとは違う・・・という感覚が拭えませんでした。

時には「ココだ!」と思うところがあっても、東京は人気の物件が多いためかタッチの差で先を越され、なかなか運命の物件に巡り合うことができませんでした。

新居を探し始めて1年余り、そろそろ新しい住まいを探すことに慣れてきた私は、ある新聞広告に目が行きます。

築26年の中古マンションで、かなり古い感じの物件でしたが、予算の範囲内なのでとりあえず見てみることにしました。管理者は老夫婦で、ペットなどを買った形跡があちこちにある物件でした。

おしっこの跡や壁を引っ掻いた傷、もちろん壁紙をはがせばなんとかなる、というふうな説得を受けたのですが、普通の人ならココで諦めていたでしょう。

しかし、わたしはリフォームなどの設計に携わる仕事をしていたため、こういう古すぎる物件でも「見間違えるほど」変わるということを知っていたので、ある程度自分のライフスタイルからリノベーションのイメージを進めることが出来ました。

ロケーションがいいとはいえず、東京都内なのに都心から遠いので、その点はいまいちだったのですが、すでに1年近く新居を探し続けてきたことを考えると、リノベーションによって自分にあった住居に変えていくことが一番ベストだと感じていたので、値段交渉に入りました。売主は事情があって売り出していたようなので値段交渉はスムーズに進み、無事に購入することが出来ました。

その後はプランを練り、設計図を自分で書いたのですが、ココに関しては妻の意見がすごく、なかなか細やかなこだわりを取り入れることが出来ました。

例えば、キッチンのイメージや家電の収納部分のパントリーについて、照明や室内装飾のデザインまで、事細かく言われ、設計図に取り入れていきました。普通ならこういったことは業者に任せるものですが、業者エアってもこういったこだわりが通用するのはリノベーションという条件のみではないでしょうか。

リノベーションは自分たちの住まいの「こだわりをつくる」ための方法

私たち夫婦のライフスタイルにピッタリの図面が出来上がったら、今度は着工に入ります。

実際にはこの期間がとても長く、妻にも「他人の家には一生懸命なのに・・・」とブツクサを言われるほど、時間がかかりました。

しかし、自分でリノベーションを行ってみて気がついたのですが、規格通りに設計したものを用意されているわけではなく、全てオーダーメイドになってしまったので、予算はもとよりのこと、オーダーを出す相手にも苦労しました。

幸いなことにこの住居は賃貸ではなかったので制約も比較的少なく、マンションの割には自由に着工することが出来ました。

予算は1,000万前後を予想していたのでうが、実際に掛かった費用は大幅に上回り、15,000万ほどかかってしまいました。

リノベーションを行う際は、できるかぎりオーダーメイドにならないように材料を選んでいくことが大事なようです。色々問題点はありましたが、着工から2ヶ月余で完成し、連休中に片付けを済ませ、現在は快適に暮らしております。家は元々その家族が快適に暮らせるようにするためのものなのですが、友人などを呼ぶとさらに楽しみが増します。

リノベーションを行った住居なら、こだわりの点もありますし、そういった点については共感される方も多かったと思います。

自分たちのライフスタイルに合った家を手に入れるには、「中古住宅+リノベーション」という選択肢は最良だと思います。

実際に見積もりを立てた時は「これで大丈夫だろうか・・・」という不安がありましたが、リノベーション自体にこだわりがあったので、最後まで完遂できることもできたと思っています。もし家族が増えるときや、老後まで考えた住居を探している人は、リノベーションによって、自分たちのこだわりを実現した住居を作ってみてはいかがでしょうか?

私がリフォーム会社さんを比較して見積を取ったサイトはコチラ

 

【このサイトはリフォームの会社が一括で比較&見積りできます】


一回で複数の業者が比較できてとってもラクチンでした
しかもリフォーム決定でもれなく1,000円のキャッシュバック!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ